うついとむと の ふらいでー・じょーく と げつようこばなし:ジョークと小噺(小咄・小話)で笑いながら頭と脳を鍛えましょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく休みます

忙しくて更新できない日が続いております。
この忙しさ、終わりが見えない状況なので、
フライデージョークと月曜小噺は、しばしお休みします。

このブログにふらっと立ち寄られた方は、
過去のジョークと小噺をお楽しみください。

では、また。

 
スポンサーサイト

カレの海の中で

 
 カレに対する言葉として元カレができた。

 その元カレを意識すると、カレは相対化され、今カレへと成り下がる。

 すると、それを見透かしたかのように、別カレが出現する。

 そしてそれはカレ1,カレ2,カレ3…と続き、

 ついには、カレnと一般化されることになる。


 どうもそういうことらしい。
 
 そして、たくさんのカレの中を泳ぎまくる彼女も、

 ついに、おつカレになったとか。


 そんなことを吉野家で旨辛カレーを食べながら考えていた私です。

 このカレー、わりとうまいですね。

 では、また。

     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

 

花見雑感

 
 月曜ですが、今日は小噺ではなく、単なる日記です。
 
 私の住んでいるところ(福岡県福岡市中央区)では、一気にお花見シーズンになりました。この季節、つい浮き足立ってしまう私は、金土日、夜も昼も、花見の名所「西公園」「舞鶴公園(福岡城跡)」あたりを行ったり来たりしながら楽しみました。

西公園桜

西公園露店

 あまりいい写真が撮れなかったのですが、1枚目は満開の枝、そして2枚目が「桜ヶ枝餅」です。

 2枚目の桜ヶ枝餅は、太宰府天満宮の参道で売っている梅ヶ枝餅のパクリと言えるでしょう(違うと言われるかもしれませんが)。じつはほかにも「梅乃枝餅」とか「太宰府出張所 梅の華」とかあって、なかなか商魂たくましいものです。

 これって、ほんとに騙される(勘違いする)人もいるのですが、一方、いわゆるニセモノとわかってあえて買う人もいます。それは、ほんの少しのお祭りの期間、楽しませてくれるテキヤさんたちにも儲かってもらおうという、そんな、何というか、ご祝儀的な、鷹揚な心持ちの表れだと思うのです。

 猿回しを見ては少しお金を置いたり、バナナの叩き売りでも、実際の価値以上と思われる値段で落としたり、がまの油売りで、ほんとはさほど効きそうもないと思うのに、売り手のパフォーマンスに乗せられたように買ってしまうとか…

 ま、いまはあまり見られないような例もあげましたが、お祭り好きの博多っ子のひとりとしては、ほんの小さい頃から、そういうものを見て育ってきました。
 おおむね貧しい時代でしたが、「あえてだまされてやる」みたいな心意気が、多くの人にありました。これは別に慈善として騙されてやるのではなく、騙されること自体を楽しんでいるという、大きな心のゆとりに由来するものです。

 昨今、世の中はあまりに厳しく、そうした心のゆとりがなくなってきましたね。
 
 相撲の八百長も、むかしからあって、人々はそれも含めて相撲を楽しんでいたのです。お金のやりとりということだけではなく、ここで負けてやれば観客が喜ぶ…といった力士側の気持ちと観客の気持ちが一体となったような八百長があったりしたのです。そういう、いわば、あうんの八百長ですね。

 昨今の八百長問題を擁護しているのではありません。相撲が「スポーツ」として位置づけられたときから、もう八百長してはいけなかったのです。スポーツはフェアであることが大原則ですからね。たぶん外国人力士を容認したときから、相撲はスポーツになったのだと思います。相撲協会はそのことに気づいていなかったのでしょう。

 私は、テキヤの持ついかがわしい雰囲気が好きです。つまらないものがけっこう高かったりしても、売り手に愛嬌があれば、つい買ってしまいます。ふつうの缶ビールが400円しても、祭の雰囲気をつくってくれているのだから、高くないと思います。具のあまりない焼きそばが500円しても、多少はブツブツ言いながら、ま、いいか、花見が盛り上がっているんだし…と納得します。

 そんな心持ちは、不思議と通じるもののようで、昨日の夜、イカ焼きを娘に1枚買ってやって、食べるのを見ていたら自分も食べたくなって、もう1 枚買うことになりました。そしてイカを食べた後、イカ焼き屋の隣りの店で今度は焼きそばを買おうとすると、焼きそば屋の若い人はイカ焼き屋のおじさんの弟子だったようで、イカ焼きのおじさんが、さっきイカ2枚買ってくれたから、焼きそばひとつおまけ、と言って、ひとつの値段でふたつ手にはいることになりました。

 ま、私が買いに行ったのではなく、妻と娘が買いに行ったので、美人と美少女に弱いイカ焼きオヤジだったのだろうということにして、二人をおだてることにしましたが(笑)。

 この金土日、すっかり楽しめました。
 

☆どちらかひとつ、クリックしてくださるとうれしいです。

     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

 では、今週も元気でいきましょう!
 

しばらくおやすみします

 
 あまりに悲惨な状況で、さらには原発問題で先行きも不安な中、
 ジョークと小噺がテーマの当ブログは、
 なかなか更新する気になれません。

 しばらくのあいだ、お休みします。
 きっとまた、再開できるとは思いますが…
 
 なお、とにかくジョークや小噺を読みたい方は、
 左の「記事分類」から過去記事をごらんください。

 よろしくどうぞ。

 宇津井富人
 

あったまりの術

 
 寒いですね。朝起きると寒いですし、昼間も寒いですし、それに、夜、ベッドに入るとき、とても寒いです。

 掛け布団に羽毛布団をつかっていて、基本的にはすごく暖かくて快適です。でも弱点があって、冬の夜、羽毛布団は最初かなり冷たく、自分の体温で暖まるまでおよそ30秒くらいかかることです。その30秒がちょっとつらい。

 これを嫌って、羽毛布団の内側にウールの毛布を着たりする人もいます。毛布の方が最初から暖かいからでしょう。でも、わたしは、できるだけ薄着で羽毛布団を着る方が、なんとなく趣旨に添っている(つまり、水鳥の皮膚を羽毛が覆っているイメージに近い)ような気がして、その30秒の寒さをこらえようとしているわけです。

 しかし、最初のこの冷たさは、何とかならないものか。

 そこで編み出したのが「あったまりの術」です。これを使うと、30秒の冷たさがおよそ15秒に縮まります。で、その、あったまりの術とは…?

 知りたいですか? ふっふっふっ。

 それはですね。布団に入ったらすぐに、「あったまりの、じゅつぅー」と声に出して言うことです。1回で効かなかったら、もう1回言うことです。そうすると、ほどなく暖かくなってきます。ほんとです。

 え? 最初の30秒を、そうやって紛らしているだけじゃないかって?
 ははは。ま、そこはそれ、考え方ひとつですよ。わたしはこの「あったまりの術」、最近は毎晩使っています。
 最初の冷たさにお悩みの方は、ぜひお試しあれ。
 
☆どちらかひとつ、クリックしてくださると、すごくうれしいです。

     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

 では、また。
 

腰のもの

 
 腰のもの、といったら、何を思い浮かべますか?

 たぶん、武士のいのち、刀でしょうかね。刀だけでなく印籠も、腰に付けるものですから、腰のものというそうです。
 西部開拓時代のアメリカに飛んでみましょう。多くのガンマンたちが、腰にリボルバーをぶら下げていましたね。あれも、腰のものといえるのではないでしょうか。
 それから、ご存じ、桃太郎。「お腰につけた吉備団子」もまた、腰の物だったわけです。

 思うに、男は腰に大切なものを付けたりぶら下げたりしているでのはないでしょうか。それが、男の伝統なのではないでしょうか。

 で、わたし、ベルトにつけるポーチを使っています。中にはipod touchと附属のイヤホン、メモ帳とボールペン、それから携帯電話が入っています。つまり、このポーチがわたしの「腰のもの」というわけです。

 しかし、勤務先では、この腰のものを持っている人が他にいなくて、何度か「それ、何ですか?」「それって、何?」ときかれました。何って、ポーチに決まってるわけですから、この質問には「どうしてそんなヘンなものつけてるの?」というニュアンスが含まれているわけです。

 ぜんぜんわかっちゃいないのですよ、彼らは。これは「腰のもの」なのですよ。伝統的に男が付けることになっている、腰のものなのです。ほんと、わかっちゃいませんねぇ。

 わたしなんか、鏡の前で、ガンマンよろしく、すっと携帯電話を取り出して、悦に入ったりしているのですよ。ポーチは左側につけてますからね、サウスポーです、ビリー・ザ・キッドです。ふっふっふっ。

 と、そんなわたしを見て、カミさんはいいました。
「ばっかじゃないの」

 はっ。どーもすいません!

☆今日の話、ポチッと評価してください。ww

 つまらなかった     面白かった
 ↓↓↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓
     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

では、また。

ジョーク番外編:サランラップ


 さて。サランラップといえば、どの家庭にもあって、いろいろいろと役立っていると思いますが、なかにはヘンな使い方をする人もいるようで…

■ジョーク番外編:サランラップ

 サランラップだけを身にまとった男が、精神科医を訪れて、言った。

「私のどこが悪いんでしょう?」

 医者は答えた。

「馬鹿だってことが丸見えです」

………

 というわけです。

 ところで、サランラップを裸体に巻くジョークが他にもあって、なんとなく気になっていたところ、どうやらサランラップを身体に巻くのが好きな人が、実際に世の中にいるようなのです。驚きました。関心のある方は、Googleの画像検索で「saran wrap」と入れて検索するとわかります。見苦しいところもあるので、あまりおすすめしませんが。

 にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
 ↑↑↑↑↑↑  ↑↑↑↑↑↑
☆ブログランキングに参加中です。どちらかひとつ(または両方ww)、クリックいただけると、たいへんうれしいです。励みになります。

 では、また。

ツイッター

 
 いろいろと事情があって、ツイッターはじめました。
 で、有名人をフォローしたら面白いかと思い(ミーハーです)、ある人をフォローしてみたら…
 いやあ、この人、延々とつぶやいているのです。わたしのタイムラインがすっかりこの人一色になってしまいました。あわてて、フォローをやめた次第です。それにしても、おどろきました。そんなにつぶやきたいのでしょうか。

 ツイッターネタで、なにか小噺ができないかと思ったりしています。

 にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
 ↑↑↑↑↑↑  ↑↑↑↑↑↑
☆ブログランキングに参加中です。どちらかひとつ(または両方ww)、クリックいただけると、たいへんうれしいです。励みになります。

 では、また。

春近し

 
 わたしは冬が苦手で、できれば冬眠していたいと思ったりします。
 頭も身体も活動が鈍くなるので、この時期は、新しいことはあまりやらないようにしています。

 そんなふうですから、春を感じると、すごく嬉しくなります。


櫛田神社節分


 この写真は、勤務先近くにある神社ですが、数日前からこんなふうになりました。
 この神社は櫛田神社といい、7月にある博多山笠のとき、追い山の終点となるところです。鳥居なんかもけっこう古びていることに、写真を撮ってから気づきました。

 ともあれ、春近し、です。

☆ブログランキングに参加中です。どちらかひとつ(または両方ww)、クリックいただけると、たいへんうれしいです。励みになります。
 ↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

ヤマダ電機のサンタクロース

 
 家電系はヤマダ電機で買っていますが、来店時と購入後にあそべるスロットがなんだか楽しみで、たいがい10ポイントしか当たらないものの、素朴に喜んでいました。

 と、先日。クリスマスも間近なこの時期に、なんとサンタクロースが3つそろって、1000ポイント獲得。あまりの嬉しさにケータイで写真を撮ってしまいました。

ヤマダ電機のスロット1000ポイント

 小さな幸せに、感謝です。www

☆ブログランキングに参加中です。どちらかひとつ(または両方ww)、クリックいただけると、たいへんうれしいです。励みになります。
 ↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
  次のページ >>

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。