うついとむと の ふらいでー・じょーく と げつようこばなし:ジョークと小噺(小咄・小話)で笑いながら頭と脳を鍛えましょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライデー・ジョーク123:ポーランド人探偵

 
 さて、ポーランド人というのも、ときどきジョークの主役(?)になるようです。
 今日はどんな役回りでしょうか…

■フライデー・ジョーク123:ポーランド人探偵

 3人の男が探偵の求人に応募してきた。
 ひとりはユダヤ人、ひとりはイタリア人、もうひとりはポーランド人だった。
 面接でありきたりの質問をするのも何だったので、
 探偵社の所長は彼らに質問をひとつだけして、
 その答えを判断基準にすることにした。

 ユダヤ人が面接に来たとき、所長は質問した。
「イエス・キリストを殺したのは誰かね?」
 ユダヤ人はためらうことなく答えた。
「ローマ人です」
 所長は礼を言い、ユダヤ人を帰した。

 イタリア人が面接に来ると、所長は同じ質問をした。
 彼は「ユダヤ人が殺しました」と答えた。
 所長は礼を言い、イタリア人を帰した。

 ポーランド人が面接に来て、所長はまた同じ質問をした。
「イエス・キリストを殺したのは誰かね?」
 ポーランド人は長い時間考えてから言った。
「もう少し考える時間をもらえますでしょうか?」
 所長は「いいでしょう」と答え、
「明日また来てください」と言った。

 ポーランド人が家に帰ると奥さんがきいた。
「面接どうだった?」
 彼は胸を張って答えた。
「バッチリ合格さ。もう殺人事件の調査を指示されたんだ」

………

 なるほど(笑)。

 では、よい週末を!
 
     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
スポンサーサイト
  次のページ >>

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。