うついとむと の ふらいでー・じょーく と げつようこばなし:ジョークと小噺(小咄・小話)で笑いながら頭と脳を鍛えましょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライデー・ジョーク92:真実は語られた

 
 夫婦間に隠し事はあってはならない…のでしょうか。

■フライデー・ジョーク92:真実は語られた

 老夫婦は高級レストランで優雅に食事しながら、75回目の結婚記念日を祝っていた。

 そろそろデザートになろうという頃、老人は妻に顔を寄せて、そっと言った。
「なぁ、おまえ。ひとつ聞きたいことがあるんだよ。ずーっと気になってたんだが…10番目の子が、どういうわけか他の兄弟たちとまるで似てないよな。…この75年間は、ぼくが望んだ以上に素晴らしい日々だった。おまえがどんな返事をしたところで、そのことが変わるわけじゃあない。それは確かなことさ。でもな、知らなくちゃいかんのだよ。あの子は父親が違うのかい?」

 妻はうなだれ、夫の顔を見ることができなかった。そしてしばらく黙っていたが、ついに口を開いた。
「そうよ」

 老人はひどく動揺した。妻が認めたという現実が、思っていた以上に彼を打ちのめした。彼は目に涙を溜めながら訊いた。
「誰なんだ? 父親はいったい誰なんだ?」

 妻はまたうなだれ、じっと黙ったまま、夫に真実を告げる勇気を奮い起こそうとしていた。そして、ついに言った。
「あなたよ」

………

 ガーン! 夫の頭の中で何かが炸裂した…かもしれません。女って、怖いですねぇ(笑)。
 
☆どちらかひとつ、クリックしてくださるとうれしいです。

     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ

 では良い週末を!

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://utsuitomuto.blog53.fc2.com/tb.php/367-666b8a4b
<< 月曜小噺85:縁起が悪いはず? | TOP | あったまりの術 >>

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。