FC2ブログ

うついとむと の ふらいでー・じょーく と げつようこばなし:ジョークと小噺(小咄・小話)で笑いながら頭と脳を鍛えましょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライデー・ジョーク109:ポーランドソーセージ

 
 さて。ジョークの世界では、平気で人種差別や民族差別、髪の色差別などが行われます。ですから、まじめな人はジョークは読まない(聞かない)方がいいのいいかもしれません。でも、たぶん、ジョークがずっと語り継がれるのは、それがやはり世の中に必要なものだからではないでしょうか。ジョークのわからないやつ、洒落のわからない人は、馬鹿にされたりしますよね。きっとそれは、ジョークや洒落が文化だからでしょう。

 今日のジョーク、あきらかに民族差別です(笑)。

■フライデー・ジョーク109:ポーランドソーセージ

 店に入ってきた男は店員にきいた。
「ポーランドソーセージはあるかい?」

 すると店員はこう言った。
「あなた、ポーランド人ですか?」

「ああ、たしかにそうだけど…でも、どうしてそんなこと訊くんだい? おれがイタリアンソーセージを頼んだら、イタリア人かどうか訊くのかい? おれがジャーマンソーセージ頼んだら、ドイツ人かって訊くのか? おれがタコス頼んだら、メキシコ人かって訊くのかよ…?」

「いいえ」と店員は答えた。

「じゃ、いったいぜんたい、どうしておれがポーランド人かどうかなんて訊いたんだよ?」

 店員は答えた。
「だって、ここは金物屋ですから」

………

 では、良い週末を!
 
     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
 

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://utsuitomuto.blog53.fc2.com/tb.php/414-bfd06812
<< マイ楽器 | TOP | 月曜小噺95:重いけど軽いもの >>

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。