うついとむと の ふらいでー・じょーく と げつようこばなし:ジョークと小噺(小咄・小話)で笑いながら頭と脳を鍛えましょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライデー・ジョーク111:ぶら下がっているもの

 
 さて。博多では山笠が終わったら本格的な夏ということになっていますが、台風の影響がまだ残っているのか、ここ2・3日、涼しい日々です。

 写真は7月12日、追い山ならしのときにオフィスの前で撮ったものです。

山笠201107

山笠2_201107

 それはさておき、フライデー・ジョークをお楽しみください。

■フライデー・ジョーク110:ぶら下がっているもの

 小さな男の子が父親と動物園にやってきた。
 象のところまで来ると、男の子は身じろぎもせずに見入っていた。
 しばらくたってから男の子は言った。
「パパ。あのぶら下がってるもの、なに?」
「ああ。象の鼻さ」
「そうじゃなくて。反対側のやつ」
「ああ、あれは象のチン○」
「変だな」
 と男の子はつぶやいた。
「前に来たとき、ママは何でもないって言ってたんだけど」
 父親はちょっと笑いながら言った。
「そうか。ママは箱入り娘だったからなぁ」

………

 今度は「箱入り娘って、なに?」ときかれそうです。

 では、良い週末を!
 
     にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
 

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://utsuitomuto.blog53.fc2.com/tb.php/418-4ba1a125
<< 金○の夏 | TOP | フライデー・ジョーク110:経験の差 >>

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。